葬儀の形は自由です

亡くなった大切な人をあの世へ送り出すために行う儀式が葬儀です。
日本においては、主に仏教形式に基づき行う葬儀が一般的となっています。
仏教ごとの宗派や地域によって多少スタイルは異なるものの、お坊さんを読んでお経をあげてもらい、通夜、火葬、告別式などを行って故人を送り出すというものです。
ただ、法律上では仏教形式で葬儀をあげなくてはいけないと定められているわけではありません。
仏教はあくまでも日本に根付く一般的なスタイルであり、もちろん神道であげる人もいれば、キリスト教であげる人もいるでしょう。
特に日本人は特に何かを信仰しているわけではない人が多いため、宗教にこだわる必要がないのです。
火葬と埋葬方法に関しては法律の規定がありますので、こちらに関しては守る必要がありますが、どのようにして故人を送り出すのかは故人や遺族の意志に任せるとしています。
ですので、こう送り出してほしい、こう送り出してあげたいと思う方法を選択しましょう。

Valuable information

デイリーズトータルワンを激安で検討する

Last update:2018/4/5