葬儀の現在のスタイルを知ること

お葬式があれば、知人や友人に親族や会社の同僚に近所の方々が参列をしてきました。
一般の葬儀は、家で執り行うものかそれか斎場で行うのがこれまでのものでした。
現在は、葬儀を行うにも随分と変わってきました。
これまでのお葬式から今のスタイルへと変化してきたのが、コンパクト化です。
昔のお葬式は、費用も百万単位で行われ、遺族が随分と負担を背負う形になっていました。
ですが、核家族化が進んでいる現在は、遺族がそこまで費用を負担することもできないのが実情です。
家計の予算もあり、現在は家族葬というものが主流になりつつあります。
なんといっても、費用が掛かりません。
親しい人に参列してもらい、一日葬というものを行うこともあります。
故人も生前中に遺族に負担をかけたくないとして、そのような葬儀をするよう遺言で残す人もいます。
これからのスタイルは、このようにコンパクト化もしていくでしょう。
お葬式のスタイルというのも知識として得ておくことも、決して無駄ではないと思います。

知っておきたい葬儀と香典

香典は通夜か告別式のいずれかに参列するときに持参します。葬儀の形式は宗教によって違い、守るべきマナーにもそれぞれ違いがあります。不祝儀袋にも宗旨によって決まりがあるので、訃報を受けたときには必ず「ご宗旨は?」と聞いておくようにしましょう。仏式ならば蓮の花が印刷されたものを使い、神式には水引が白黒か銀の不祝儀袋、キリスト教式の場合にはユリの花と十字架が印刷されたものを使うのが決まりです。不祝儀袋は、表書きも宗旨によって違います。仏式の場合は「ご霊前」「御香料」「御香典」などを使い、神式は「御神前」「御玉串料」「御榊量」、キリスト教式は「御花料」(カトリックの場合なら「御ミサ料」でもよい)を使います。故人の宗旨が分からないときには、宗派に関係なく、また無宗教でも使える「ご霊前」にしておくとよいでしょう。ただし蓮の花が印刷されている不祝儀袋は、仏教以外には使えないので注意が必要です。不祝儀袋の表書きは、薄墨で書くのが正式です。水引の下中央に、楷書で名前をフルネームで書き入れて、裏側には必ず金額を入れ、中包みには住所、氏名、金額を書いておきます。故人との付き合いが遺族に分かりにくいようであれば会社名や肩書なども書いておくと親切でしょう。上包みの裏側は下向きにするのが弔事の礼儀であり、逆にすると慶事用になるので注意が必要です。無地の不祝儀袋はどの宗旨にも使えますが、「御仏前」は四十九日の法要以降に使うのが一般的なので注意します。

check

2018/5/2 更新